ホームへ

2002 冬 2003 夏 2003 冬 2004 夏 2004 冬 2005 夏 2005 冬 2006 夏 2006 冬 2007 夏 2007 冬 2008 夏 2008 冬 2009 夏 2009 冬 2010 夏 2010 冬2011 夏 2009 冬2012 夏2012 冬 2013 春 2013 夏 2013 冬2013 冬2013 冬2013 冬2013 冬2013 冬2013 冬 2016 春 2016 夏 2016 冬
カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トキワの夏のはじまり
こんにちは
トキワです(´∀`)


雨の日が続き
アジサイがきれいに咲いているな~とふわふわ
思ったのもつかの間
アジサイ 1

気が付いたら7月ビックリ②
夏本番が始まろうとしています


田んぼには青々とした稲が広がり
晴れた日には気持ちの良い風が通り抜けていますキラキラ2

しかし 日差しが強く、気温も高い昼間には
しっかり水分補給をして熱中症には
気をつける必要がありそうです

夏 風景1


さて、トキワの直売店 ”さとの風” でも
夏のフェアーがはじまりましたビックリ


『”果物漬けてネッ酢” で作る ”マイビネガー” 』
試飲もできますので気になった方は
ぜひ”さとの風”にお立ち寄りくださいませ♪(/・ω・)/

夏 ネッ酢


また 7月といえば ”七夕” ということで
店内には笹の葉が飾られています七夕 1


短冊に願いをこめるというのは
江戸時代に手習いや寺子屋で学ぶこどもが増えたことから
それらの上達を星に願ったというのがはじまりだそうです

そのことから 
こめる願いは”上達”や”夢”に関することが良いそう

新しく始めたことや今後の目標はありますでしょうか
改めて今年の願いを短冊にこめてみませんかきらきら


夏 笹の葉 2夏 笹の葉 3


ちなみに
7月7日の ”七夕” 当日には
ミニそうめんをご提供


食欲が減退する暑い夏には定番のそうめん
邪気を祓ったり無病息災を願う節句の風習でもあるようです


スタッフ一同心よりお待ちしておりますhanabi1.gif       t2



スポンサーサイト
新たな一歩を・・
こんにちは
トキワです

まだ風は冷たいですし、朝晩は冷え込んでいますが
昼間はぽかぽかと暖かい日が増えてきましたね太陽


  DSC_0622.jpg

全国的に桜の花の開花が少しずつはじまっているようです
満開になるのが楽しみですねビックリ
もう満開になっている地域のかたは
お休みの日にぜひお花見を楽しんでください



今日はトキワのオフィスに掲げてある
言葉について少しご紹介したいと思います

『随処作主(ずいしょさくしゅ)』
_20160328_143822.jpg


これは臨済宗の開祖である臨済義玄禅師が修行者に対して諭された言葉で

「随処に主となれば立処(りっしょ)皆真なり」    の一句です

”どの道を生きようとも 常に自分の本心を忘れず主体的に生きるならば
 そのよって立つ所はすべて真実の道に通じる”
という意味があります


もう少し噛み砕いた言葉にすると

”どんなときも どんなひとも 自分たちがその人生の主人公 であり
 何かに囚われるのではなく 常に 自ら考えて動き
自分の決めた道を一生懸命に生きれば その立っている場所には真実がある”
ということのようです。

”常に一生懸命に生きる”  

言うのは簡単ですが
実際に行動するのはとても難しいことなのかもしれません

時間は止まることがなく1日24時間と決まっています

気づいたら1日が終わっている・・・・
そんな忙しい毎日を過ごしていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか


 ここで一度自分を振り返ってみませんかhatena.gif


最近何か一生懸命頑張ったことはあるでしょうか
楽しかった、嬉しかったことはあるでしょうか

DSC_0626.jpg

今日から4月
新しいことを始めやすい季節ですきらきら


何か1つ自分で決めて新しい一歩を踏み出してみるのもいいかもしれません
それが自分の道を歩むということにつながっていくのではないでしょうかキラキラ2         t2


トキワの料理教室
こんにちは
トキワです

更新がとまってしまい申し訳ございません

あっという間に1ヶ月も経ってしまいました・・・
皆様いかがお過ごしでしょうか

春が感じられるこのごろですが
インフルエンザもまだ流行していますし
暖かくなって花粉等の飛来も増えてきました雲


『 何事も予防が大事 』 とはいっても完全に防ぐのは難しいものですが
体調を崩さぬようにどうぞお気をつけください



さて、今回はトキワで行っている”料理教室”のご紹介です

一昨年の1月に新社屋が完成したトキワでは
新たに出来たキッチンでトキワの調味料を使った
”料理教室”を昨年の5月から開催しております

社屋全景2AQ0P2535.jpg



講師はトキワの顧問で
料理研究家の 杉立宏子 先生です

今月は桃の節句にちなんで”ひなまつりの料理教室”を開催しましたビックリ


献立は
*バスケットびな    *和風ローストビーフ
*菜の花とホタルイカの酢みそ和え
*はまぐりの吸い物  *おひな様(和菓子)
20160305 ひなまつり


うずらの卵の男雛と女雛をつくったり、
餡を生地でくるんでおひな様をイメージした和菓子をつくったり 梅


簡単でおいしく、かつ楽しいお料理を教えていただけるだけでなく
ちょっとしたポイントや、食材のお話などを聞くことが出来ます



たとえば・・・今回の食材の1つである”はまぐり”についてもhamaguri.png


『 はまぐりなどの貝類は気温が上がって暖かくなり
  冷たい水が少しぬくもってきたころに旬を迎えておいしくなります
  それがちょうど ひなまつり(桃の節句) のころ

  ひなまつりは女の子の節句
  はまぐりの同じ貝でしか貝殻が合わないという特徴から
  ”一生ひとりの人と添い遂げる”という夫婦和合の意味がありますハート②


  また はまぐりを使うときは殻同士を打ち合わせて
  澄んだ音がすれば大丈夫
  濁った音がすれば良くない貝
  すり合わせて洗うときに確認するといいですね 』

・・・などなどたくさんのことをお話してくださいます。

そして
分かりやすい説明とデモンストレーションの後に調理実習を行います
楽しく作って食べられるようにスタッフもフォローしておりますきらきら



今後も
地域の方も含めてたくさんの方々にトキワのことをより知っていただけるように
私達スタッフも日々精進していきたいと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします


20160308 ⑤


~プチ情報~
お天気に左右されますが
今日、9日は全国で部分日食が観測できるようです
もしも天気がよかったら  ぜひ観測してみてはいかがでしょうか aaaaaaaaaaa t2




福を呼び込む
こんにちは
トキワです

お正月の挨拶をしてからはやくも1ヶ月が経ちました
皆様いかがお過ごしでしょうか?


鬼は~外! 福は~内!
今日は節分ですビックリ②



節分には ”季節を分ける” という意味があるそうです
なので実は”春夏秋冬”の季節の始まりの前の日が節分の日なのだとか

昔の暦では”立春”が一年の始まりで、一番いい日とされていたために
行事として残ったといわれています

節分



豆をまくのは 鬼退治! (厄を祓ってから次の年を迎えるため) というのは
「鬼は~外!」の掛け声から知っている方もいるのではないでしょうか



では、恵方巻きの”恵方”とはどんな意味があるのでしょうか?


”恵方”とは 『歳徳神(としとくじん)』 がいる方向を指しています


この『歳徳神』はその名のとおり 
”その年の福をつかさどる神様”  で 『年神(としがみ)様』 ともよばれます
そして年ごとに住む場所を変えているので ”恵方” が毎年変わる というわけなのです
方角はその年の ”十干(じっかん)”によって決まっているのですがその話はまたいずれ・・・

”恵方”に向かって事を行えば 『万事に吉』 とされていますキラキラ1


今年の恵方は 『南南東』 

神様との縁を切らずに 福 を呼び込めるように
恵方を向いてお願いしながら 巻きずしを丸々食べてみましょうビックリ


集合細巻き


節分の翌日、つまり明日の 2月4日 は ”立春” です梅


まだ寒い日が続いてはいますが
暦の上では”春”がはじまるようですよ(´∀`*)     t2


梅ごこちのはじまり
こんにちは
トキワです


数十年に一度の大寒波の影響でここ香住にもたくさん雪が積もっていますビックリ

20160125.jpg



先週はやっと積もった、逆に安心した、という話をしていたのですが、
たくさん降ったら降ったで雪かきなども大変です
滑ったり、焦って怪我をしないように、気をつけて過ごしたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

春はまだ先
今後も雪の降る地域にお住まいの方はどうぞお気をつけください


さて
今回は前回お知らせしたように『梅ごこち』の誕生についてのお話ですきらきら



商品開発のきっかけとなったのは
昭和58年(1983年) 菅原道真公をお祀りしている
天満宮の分社のある地区観光協会に
DSC_0252.jpg


「道真公が梅をこよなく愛した」 という言い伝えから
「梅を原料にした新しい特産品ができないだろうか」 という相談を受けたこと

この相談を受けたことから
世界に認められるまでに成長する『梅ごこち』の歴史がはじまりました


そしてこの天満宮というのが、
前回紹介した ”七日市天満宮” です
(梅は残念ながらまだほとんど咲いていませんでした)
梅Ⅱ改梅Ⅰ


『梅』を使ってトキワがつくる商品 ・ トキワだからできる商品 は何か

”お酢”の製造からはじまったトキワだからこそ
アルコールではなく”お酢”をベースにすることを思いつきましたキラキラ1




何度も改良を重ね  
じっくりゆっくり時間をかけて
甘酸っぱくもまろやかでどの年代の方にも飲みやすい
梅酢ドリンク  『梅ごこち』 が完成しました

umegokoti.png  ume.png


いまでは
国際味覚審査機構「iTQi」による国際味覚コンク-ルで優秀味覚賞最高位の”三ツ星”や
モンドセレクション”ダイエット&健康食品部門”で金賞など

世界でも評価され、品質・味覚ともに誇りを持っておすすめできる商品になっていますハート



お湯で割ってもおいしいの 寒い冬にもぴったりの『梅ごこち』 
さとの風では試飲もご用意しておりますので 
スタッフ一同心よりお待ちしております



まだまだ寒い冬
インフルエンザも流行ってきているようです
くれぐれも体調にはお気をつけくださいませ aaaaa t2

_20160125 裏





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。